起業するのに自信が無いのを自信に変える方法とは?

 

 

「いつかは起業してみたい」

 

「自分だけのビジネスをやってみたい」

 

と頭では考えているものの、いざ起業について色々調べているうちに「本当に私なんかが起業できるのかな・・・」と不安になったり自信を持てないことがあります。

 

起業というのは自分自身が代表として矢面に立ちいろいろとこなしていくものですので、パートやアルバイトと違って責任も自分で負わなければならないので、ハードルが高いと感じてしまいますよね。

 

起業してみたい気持ちはあるものの、なかなか一歩が踏み出せずに時間ばかりが過ぎてしまう、という経験を持っている人も多いのではないでしょうか。

 

今回は、自信が無くて一歩が踏み出せない人のために、自信が無いのを自信に変える方法についてお話していきましょう。

 

 

まずは小さな一歩から始めてみる

 

起業する、ビジネスをおこなうというと、しっかりとした自信を持ち努力の塊となってすすめていかなければならない、と考えていませんか?

 

実は、いま現在起業して成功している人も、ビジネスをすすめて軌道に乗せた人も、最初から自信のある人というのは滅多にいないものなんですね。

 

いまあなたが悩んでいるように自信が無く不安を感じ「本当にできるのだろうか・・」と心細い気持ちを抱えながら起業した人は多いものです。

 

私の知り合いでネイルサロンをオープンし、3店舗を構えるまでに成長した女性起業家がいるのですが、その女性が良くいうのが、

 

「自信が無くても起業して成功させることはできる」

 

という言葉です。

 

その女性も最初から自信に満ちていて怖いものなく前にすすんでいたかというと、そんなことはありません。

 

びくびくおどおどしながらなんとかビジネスを立ち上げ、最初のほうこそお客さんが集まらず苦労しましたが、その後は順調に業績が伸びいまでは3店舗を構えるまでになりました。

 

彼女がうまくいった、順調に業績を伸ばせたのは“大きなことをせず、まずは”小さな一歩から始めてみた”という行動にあります。

 

これまで営業経験も販売経験も無かった彼女がおこなった小さな一歩というのは「まずは何かを売ってみる」ということでした。

 

どのようなものでも良いので、まずは何かを売ってみることで小さな自信につながり、それが土台となりいまのビジネスを支えています。

 

 

起業の自信をつけるためおこなうべき初めの一歩とは

 

起業するのに自信が無い大きな理由の一つは「果たして自分の商品が売れるのか?」という不安や心配が大きいというのがあります。

 

そして、そういった不安や心配を払拭する、解消していくには「まずは何かを売ってみる」ということです。

 

ですが、何かを売るとはいってもいったい何を売ればいいのか?そしてどこに売ればいいのか?わからないですよね。

 

正直言って、売るものはなんでもかまいません。あなたが売りたいと思うものであればなんでも良く、ご自宅にあるものでも大丈夫です。

 

食器でもアクセサリーでも家庭用品でも本でも、売るものに制限はありませんので。

 

そして、売るためにはどうすればいいのか?という部分ですが、これには大きく分けて2つの方法があります。

 

それはメルカリやYahoo!オークションというようなオークションサイトを使う方法と、フリーマーケットを使う方法に分かれます。

 

オークションサイトを使う方法は、インターネットを使ったオークションサイトに売りたいものを出品し、買いたい人に探してもらい落札してもらうという方法です。

 

オークションサイトに出品するのは販売の基礎がわかり、あなたが出品したものが落札される=売れたということになりお金も入ってきます。

 

もし落札されない場合は思わず買いたくなるような商品の説明ができていないか、写真映りが悪いか、あまり需要が無い商品ということになるんですね。

 

また、出品した商品の価値と設定した金額がかみ合っていない場合も落札はなかなかされず、売れ残ってしまう場合があります。

 

その場合はどこに落札されない原因があるのか?を考えながら、設定金額を見直してみる、写真を撮りなおしてみる、目を引くような商品の説明に書き直してみる、などの修正が必要です。

 

そしてもう一つのフリーマーケットですが、こちらは若干テナント料はかかりますが、リアルな対面で売ってみる感覚がつかめるので、営業力も上がります。

 

また、どのような商品に興味があり売れ筋なのか?売れ残ってしまうものは何が原因なのか?色々と設定しなおしてみることが必要です。

 

オークションサイトやフリーマーケット、インターネットで売るかリアルな対面で売るかの違いですが、1品でも売れたら嬉しいですし、自信にもつながっていきます。

 

どちらも比較的簡単にできますので、売ってみる経験を積むためには最適な方法と言えるでしょう。

 

 

まとめ

 

人間というのはなにかを考え始めると、基本的に不安や心配がある程度湧き上がるような心の仕組みになっています。

 

起業においての不安や心配は考えばかりが先行してしまっているからであり、どこかで行動してみることがとても大切です。

 

これから起業していくにあたり、今回お話したようにとりあえず売ってみることで不安や心配は払拭されていき、少しづつ自信へとつながっていくでしょう。

 

この記事を書いた人

三木 ヒロシ


心理カウンセラー&ライター。これまでこころの病や生活での悩み事、夫婦関係、恋愛など、約4,000人のカウンセリングをおこないながらライターとして様々なメディアにて執筆活動をしている。読む人のこころが軽くなれば、ということを意識しながら読みやすさとわかりやすさを常に考え、日々活動している。