お客様が欲しがる商品やサービスの探しかたとは?

 

 

世間にはいろいろなニーズ(要求)があり、そのニーズに合わせたビジネスにもたくさんの種類があります。

 

いまではあらゆるものが商品化、サービス化され、欲しいと感じたものはまず間違いなく手に入る時代でもありますよね。

 

Amazonなどのネット通販もとても身近な存在になり、ワンクリックで欲しいものが早ければ翌日に届くのですから、本当に便利です。

 

ビジネスというのは簡単に言うと、お客様が欲しいと感じているものを提供し対価を得ることです。

 

逆に言うと、ニーズのないものはいくら売ろうとしても売ることはできず、疲れだけが溜まってだんだんと嫌になってきてしまうんですよね。

 

いざビジネスを立ち上げて意気揚々とガンバってみても、商品やサービスにそもそも需要がないのであればやるだけ時間の無駄になってしまいますし、モチベーションも下がってしまいます。

 

やる気があるけど商品やサービスが売れない決定的な理由の一つに、

 

 

“お客様が欲しがる商品やサービスを売っていない”

 

 

ということがあげられます。

 

これは、お客様が欲しいと感じているものと、売り手であるあなたが「これを売りたい」と思っているものとの認識のズレから生じています。

 

 

このズレを修正していかない限り、お客様があなたから商品やサービスを買うことはまずありません。

 

買ったとしてもたまたまか、ほぼ偶然の売り上げとなり、継続して売り上げることはまず無理だと言えるでしょう。

 

ではいったい、お客様が欲しいと思うもの(ニーズ)はどこに隠れているのでしょうか?

 

 

「市場軸」を知らないと商品は売れない

 

 

「市場軸」という言葉を聞いたことがありますか?

 

これはお客様のニーズや時流といったものをひとまとめにしたものの総称で、単に「市場」という言いかたもします。

 

ビジネスはこの「市場軸」を把握することが大切であり、いったいどのようなものが売れるのか?いったいどのようなものが求められているのか?リサーチ(調査)していく必要があるんですね。

 

また、市場軸と対をなすものに「自分軸」があります。

 

これは自分が提供できるもの、自分がやりたいもの、発信したいことなどの総称です。

 

ビジネスは、先に述べた「市場軸」と「自分軸」の交じり合ったところが”自分のビジネス”になります。

 

例えば、あなたが栄養士の資格を持っているとして(自分軸)、世間ではダイエットが流行っているとわかったとき(市場軸)、「栄養素から考えるダイエット講座」など、市場軸と自分軸を組み合わせたサービスの提供が可能になります。

 

ダイエットというのは女性であれば強いニーズがありますので、なにかダイエットにともなう資格があれば栄養士でなくても、もちろん大丈夫です。

 

また、資格がなくてもあなたが過去にダイエットで痩せた経験があればそれを提供することもできますし、身体を引き締めるエクササイズを知っていればそれを提供するのも良いでしょう。

 

このように、市場軸を丹念に探し、そしてそこに自分が提供できることをかけ合わせていくことで、あなたらしい売れるビジネスを作ることができます。

 

 

お客様のニーズはどうやって探したらいいの?

 

 

さて、ではお客様が求めるニーズってどのように探せばいいのでしょうか?

 

ただ闇雲に探しても本当にニーズがあるものなのか?不明な部分がたくさんあります。

 

ニーズを探す方法としては、インターネットから探してみるのが手っ取り早いと言えるでしょう。

 

たとえば「yahoo知恵袋」「OKWAVE」といったお悩み相談サイトがありますので、そこでいろいろと検索してみるのが良いですね。

 

例えば「ダイエット 方法」と検索してみると、ものすごい数のお悩みがヒットしますので、それを一つずつ確認していきます。

 

お悩みのなかには似たようなものが複数ある場合がありますので、そういった複数あるものがダイエットしたい人が欲しいもの、欲しい情報ということになります。

 

ここに自分の持っている自分軸で何ができるか?考えてみるんですね。

 

そして出来上がったものが、あなたが提供できる商品でありサービスとなります。

 

世間には本当にたくさんのニーズがあります。まずはどのようなニーズがあるか?リサーチすることから始めてみましょう。

 

 

この記事を書いた人

三木 ヒロシ


心理カウンセラー&ライター。これまでこころの病や生活での悩み事、夫婦関係、恋愛など、約4,000人のカウンセリングをおこないながらライターとして様々なメディアにて執筆活動をしている。読む人のこころが軽くなれば、ということを意識しながら読みやすさとわかりやすさを常に考え、日々活動している。