私らしい生き方とは

 

私らしい、自分らしいとは、どういうこと?

 

これは私らしくない!自分らしくない!と思うことがありますが

 

この私らしい、自分らしいは誰が決めているのでしょうか?

 

・・・・・

・・・・・

・・・・・

 

「私」ですよね?^^;;

 

 

私らしさ発見!私のことをもっと知ろう

 

 

私は、私の好きなこと、好きな色、好きな人、好きな空間、好きな考え方など

 

私はすでに、私のことをよーく知っているわけです。

 

 

感覚的に判断してきたことを

 

言語化したら、もっと自分のことがわかるのではないでしょうか?

 

 

私は○○○が好き と、思いつくまま紙に書き出してみましょう。

 

 

嫌いなこと、やりたくないこと、不得意だと思っていることも

 

書き出してみましょう。

 

書き出して、言語化して、見える化することで

 

あ〜、これが私なんだ!と再確認することがあります。

 

 

 

 

私らしさとは自分軸に沿って生きること

 

 

 

好きなこと、嫌いなこと、やりたくないこと、不得意なこと

 

書き出したことが自分軸となります。

 

 

この自分軸を常に判断基準にすると

 

とても楽に生きることができるようになります。

 

 

 

例えば、

 

行きたくない飲み会に行かなくてもいい

 

やりたくないことは、やらなくてもいい

 

人と同じでなくてもいい

 

 

自分に許可が出せるようになります。

 

 

 

常に基準が「自分」になるからです。

 

 

 

私らしく生きるために、私は私でOK!

 

 

 

自信がなくなったり凹んだりするのは、

 

人に合わせあり、誰かと比べたりするから、

 

 

私らしく生きるために、私は私でOK!

 

 

人からどう思われるか?より自分がどう思うか?

 

 

私が

 

・幸せなのか

・心地良いのか

・興味があるのか

 

・行きたいのか

・やりたいのか

 

 

主語は、いつも「私」

 

 

主語が「誰か」になっていると

 

・どう思われるか

・どう見られるか

 

そればかり気になって

 

相手の好みに合わせたり、感情に合わせたりするので

 

私らしさがなくなってしまいます。

 

 

それって、相当なストレスだと思うのです。

 

気づかないうちにストレスが溜まっている・・・

 

 

ただ、子供の頃から例えば親、先生、周りの大人、友達に合わせてきたのであれば

 

そこに気づいたとしても

 

なかなかすぐに変えることはできないかもしれません。

 

 

そんな時は、焦らなくても大丈夫

 

そういう私のことも認めて

 

 

「私らしく生きたい!」と思った自分に従って

 

少しづつ、少しつづ変わっていけばいいです。

 

 

 

私らしさを楽しもう

 

 

私らしい色の洋服を着る

 

私らしい髪型にしてみる

 

私らしい場所に行ってみる

 

私らしい部屋にする

 

私らしい手帳を使う

 

 

などなど、生活を「私らしい」でいっぱいにしてみましょう。

 

 

私らしさでいっぱいになった時、これまでにない幸福感や豊かさを感じることでしょう。

 

 

「私らしいとは」誰かが決めるものではなく

 

自分で決めるものなのです。

 

 

 

この記事を書いた人

相川 曜子


一般社団法人アジア女性自立支援協会 代表理事 女性も稼ぐべき、自立するべきと子供の頃から思い続け、20年前に起業。4人の子育てと仕事を両立しながら、全国各地に自立した女性の輪を創り、1万人の女性と繋がる活動をしています。 誰もが持っているキラリ輝く原石を引き出し輝かせることが得意。関わるすべての人を幸せに導くことが使命です☆