困ったとき、誰に相談しますか?

おはようございます

 

『今日も・ラッキー・爆発だ』

 

毎朝、良いことがどんどんおこる魔法の言葉を唱えているたけみんです!

 

 

 

前回の投稿から時間がかなり空いてしまいましたね

 

ごめんなさい。

 

 

お察しのとうり、『間』へ落ちていました(笑)

 

 

今回は本当にすごかった

 

 

体が硬直するほどでした

 

 

 

なので、ブログ更新がおそくなりました

 

こんなに怖いことって

一年ぶりくらいです

 

 

 

私にとっては

まさにトラウマです

 

 

それがとうとう浮上してきました

 

 

みなさん、元気な日もあれば

元気がない日もありますよね

 

 

そんなときはどうしてますか?

 

 

私はそんなときは無理に元気をだすのをやめています

 

 

季節の変わり目のように

ただじっとその自分と向き合う

 

 

 

向き合うといっても別に大したことをするわけではなく

自分の湧き出る感情を見つめながら感じながら

 

 

時に一緒になり翻弄され

 

そして時に感情を俯瞰してみていき

 

 

そうやって大きな波を小さくしていきます

 

 

 

この恐れは私にとっては

もう10年以上体に染みついてます

 

 

 

だから急がないことにします

 

 

以前の私にあった自虐

 

これ本当にすごかったです

 

 

頭の中で自分のことを
自分が日本刀で切り刻むことも多々ありました

 

 

 

なんでこんなに激しい性格なんだろう

 

なんでこんなにも繊細で弱いんだろうって

 

悩んでいた時期も長かったです

 

 

 

今ではその自虐もなくなりました

 

 

 

だからこの恐れもちゃんとなくなる

 

そう信じてます

 

 

よく自分がおちこんでいると

 

 

 

その時どうしようか悩み、相談することがありました

 

 

この相談する時にだれに相談すればいいのか

 

 

 

私の一番やなのは

 

 

『大丈夫よ、私もそうだから、どうにかなるわよ』

 

 

というアドバイス

 

 

これに効果がある人は

 

 

シンプルなものの考え方ができて自分の考えを行動に乗せられる人です

 

 

俗にいう『頑張ればどうにかなる』→ガンバルマンタイプ

それか結果に執着のない柔軟な思考ができるタイプ

 

 

私もこれになれたらどんなによかったか・・・(-_-;)

 

 

なれないんですよね

 

 

感情が沸き起こってしまうので

 

 

 

でも○○なんじゃない

 

だって○○だもんって

 

 

 

いいたくなっちゃう

 

 

 

最近一番落ちてしまった要因って

 

 

 

これ↓

 

 

『誰かとの比較』

 

 

 

自分らしさを忘れてしまって

 

 

あるはずのない自分を作ることばかり専念してしまって

 

 

こうなれば疲労するのは当然でして

 

私にとっては

 

『でも』『だって』

 

もドリームを作ってくれる道のりのひとつの表現方法なんなのでは?

 

 

と思いました。

 

 

こんなカオスなかにも

 

ちゃんとラッキーは爆発してくれるんです・・

 

 

一番びっくりしたのが息子たちの存在

 

家事を率先してやってくれているんです。

あれから・・ずっと

 

こんなの生れてはじめてです

 

 

 

こういうさりげない行動は、本当うれしい。

 

 

私が尊敬する人の数人は

 

 

困ったときどうしているかをきいてみたところ

 

 

自分に相談して自分できめているということを聞きました

 

 

 

そのうちに一人は大きな紙にこまったことを書き

 

 

それに対して行動が添わせるように書いていく

 

 

そして結果でできたことだけを

 

相手に伝える

 

そのようにしているようです。

 

そういえば昔私そうやっていた・・

 

 

 

こんな経験ありませんか?

 

 

自分が自信がないものをどうしようか悩んで相談したら

 

 

 

すごく批判されてしまって

 

相談したことを後悔したりすること

 

 

 

相談するときに自分が自信のないことを経験して結果を出している人なら

 

 

それに対してアドバイスはできますが

 

そうではなくそのことを知らない人に相談すると

 

 

このようになることは多々あります

 

 

また相談じゃないけど

 

 

自分の深刻な状況を伝えてすっきりしたいのに

 

その深刻さに相手が翻弄されてしまい、そこに注意がとられて

ひかれてしまったこと

 

 

 

または相談した時は

 

 

悩んでいる最中だったけどその後解決した後に

 

また相談した人からその後もその内容に対して

 

後日翻弄させられてしまうこと・・・

 

 

 

結局その時の相談する時のエネルギーで

どっちつかずのエネルギーだと

 

 

 

相談事はうまくいかないように思います

 

 

 

だから誰に相談するかすごく大切

 

 

 

私が相談する人は

 

 

ただ話を聞いてくれる人

 

そしてその話の違った視点を見せてくれる人

 

安心して話しができる人

 

その後話をした内容に対してジャッジをしない人

 

そういう人に相談しています

 

 

 

最近すごくカオスに包まれていました

 

 

 

 

どこに行っても誰にあっても

 

 

人集めゲームだったり

生き残りゲームだなって

 

感じる部分があって

 

 

私そういうのがすごく苦手でして

 

 

だったら

 

 

『負けるのでもいいや』

 

ってちょっと思ったりしてます

 

 

 

私は

 

 

・争いごとがあんまりすきではない
・人に何かすすめるのが苦手
・勝ち抜いていけるほど闘争本能もない
・いやになったら逃げる

 

 

 

そんな私です

 

 

以前、『逃げるは恥だが役に立つ』
というドラマありましたよね

 

↓こんなサイトありました。

 

https://tabippo.net/kotowaza-world/

 

 

逃げるは恥だが役に立つ」はハンガリーのことわざで、

「自分の戦う場所を選べ」ということを意味しています

 

 

 

今いる環境にしがみつくのではなく、逃げることも選択肢にいれ、自分の得意なことが発揮できる場所に行こうというもの

 

 

というものらしいです

 

 

こうやって自分らしさをみつめていきたいたけみんでした

 

この記事を書いた人

茂田井 竹美


22年間の結婚生活を経て、長男が成人するのを待って離婚することを決意。それから三年。今までの 人生と真逆に生きてみようと決意し直感を信じて、自分の生きたい未来に向かって進んでいる三児の超天然ママです。