仏像のお話

<<如来>>

 

さて 仏像が作られるようになったのは、紀元前1世紀末頃とされています。

 

その起源は

 

ずーっとさかのぼった紀元前5世紀ごろ

 

仏教の開祖お釈迦様が誕生して、つらい苦行の末悟りを開いて仏陀となりました。

 

 

それでも、そのお姿を偶像にする事はタブーとされ、

 

初めは仏足石を石に刻み信仰の対象としていました。

 

 

 

そして、紀元前1世紀末頃

 

悟りの境地に至った釈迦の姿を現した仏像が

 

インドのガンダーラで作られたのが始まりと言われています。

 

 

「釈迦如来」

 

お釈迦様は、手塚治虫さんの漫画などでもよく知られていますが、

 

出家をして悟りを得てブッダになる前は

 

もともと王族の出身で、きらびやかな衣装をまとっていました。

 

 

如来は、その悟りを開いて仏陀となった釈迦の姿を現して

 

質素な1枚の布を体に巻き付けて、何も持たないお姿をされています。

 

 

 

身近な如来として

 

「お薬師様」と親しみを込めて呼んでいる

薬師如来があります。

 

この如来様はだけは、👍に薬壺を持っています。

 

 

そしてもっと身近な

 

「阿弥陀如来」

 

お仏壇の中に居られる仏像です。

 

阿弥陀様は極楽浄土に居られて

 

「南無阿弥陀仏」とお唱えすると極楽浄土に導いていただける

 

ありがたい仏様です。

 

 

そして

「大日如来」

 

大宇宙の中心にあって宇宙そのものを神格化した仏像です。

 

大日様も「如来」ですが、

 

宝冠も宝飾品も身に着けている。

 

一体どういう事?って思いますよね。

 

如来の中でも格別な仏像で

 

最高位の位と徳を現していると言われています。

 

 

 

https://pixabay.com/en/buddha-figure-statue-meditation-2505791/

この記事を書いた人

安田 洋子


安田素彩(洋子・62歳) 高校を卒業後 友禅染・テキスタイルデザイナーをしていました。 25歳で仏像彫刻をしている夫と結婚 30代は水彩画・日本画を描きながらアルバイトで帯や着物の柄を描いていました。 40歳 琵琶湖ホテルの客室画84室制作(水彩画)     截金・仏像の彩色を始める 42歳 全日空ホテルの屏風絵12曲 制作(アクリル) 本格的に仏像の彩色・截金を仕事として始める 53歳 夫(安田明玄)の東京高島屋での個展      すべての作品に彩色・截金を施す。         二年後二度目の東京高島屋での仏像展 安田素彩として、仏像の彩色・截金 仏画師として作品多数あります。 3尺の大日如来・3尺不動明王・3尺11面観音・3尺釈迦如来 役の行者・など