少子高齢化という社会問題について考えてみよう

一般社団法人 アジア女性自立支援協会

代表理事の相川曜子です。

 

 

深刻な社会問題として「少子高齢化」「少子高齢化」「少子高齢化」

 

と、言われていますが・・・

 

 

一体、どれくらい深刻な問題で

 

「少子高齢化」実際 数字としてどうなのだろうか?

 

 

今日は、考えてみたいと思います。

 

「少子高齢化」とは

 

少子化と高齢化社会、ふたつの問題を合わせたものとなります。

 

 

 

201891日 総務省統計局データによると

 

65歳以上の比率は28.1%

 

4人に1人は高齢者(65歳以上)!(◎_◎;)

 

 

 

2年後の2020年には、なんと!

 

女性の過半数が50歳以上になるようです。

 

2人に1人が50歳以上 !(◎_◎;)

 

 

 

超高齢社会とはどういう状態なのでしょうか?

 

 

WHO(世界保健機構)や国連の定義では、

全人口のうち高齢者(65歳以上)が21%を越えると

 

「超高齢社会」

 

 

日本は28.1%なので、定義を超えています。

 

 

 

高齢社会でなく、、、「超」がついた「超高齢社会」

 

 

 

「超高齢社会」の原因は、

 

少子化と高齢化が同時に起こってるから

 

少子化とは、出生率が減少して、生まれてくる子供の数が減少している現象

 

高齢化とは、平均寿命が延びて、高齢者の割合が高くなっている現象

 

 

平均寿命が延びていることはいいことだから

 

出生率をあげれば「超高齢社会」ではなくなるのでは?

 

ですよね。^^

 

 

 

少子化の現状を見てみましょう 

 

 

2017年に生まれた子どもの数(出生数)は前年よりも3万人余り少ない946060人となり、過去最少を更新しています。

 

 

昭和2224年の第1次ベビーブーム期は、最高の出生数といわれていて1年で約260万人

 

その第1次ベビーブーム期に生まれた女性が出産することにより

昭和4649年には第2次ベビーブームを迎え、このときは1年で約200万人

 

 

現在の約2,3倍です。

 

 

 

 

私も第2次ベビーブーム世代ですが

中学生の時は、ひとクラス40人の8クラスで同級生320人位いました。

 

娘の中学は今、ひとクラス35人の5クラス 150人位です。

 

確かに1/2ですね。

 

 

 

そして、一人の女性が生涯に産む子どもの数にあたる合計特殊出生率は1.432年連続で低下しているそうです。

 

 

同じくベビーブームの時と比べてみましょう。

 

昭和2224  4,324.54

昭和4649  2,142.16

 

 

昭和50年の1,91から、下がり続け平成171,26が最低

 

 

出生率が下がっている原因として

 

・第1子を産む女性の平均年齢は30.7歳と上がっている

・結婚しない人の割合が増加

 

 

 

 

国が行っている少子化対策 

 

 

◆子育て支援

  • ・保育所等の施設に給付を行うこと
  • ・認定こども園の体制を改善する
  • ・地域のニーズを捉えたきめ細やかな子育て支援の拡充
  • ・小学校に通う児童が、放課後安全に過ごすことのできる取り組みの強化 

 

◆結婚や出産を容易にする環境作り

  • ・若者の就職支援
  • ・キャリア教育推進

◆子供をたくさん持つことを促進する取り組み

  • ・子供をたくさん抱える家庭への経済的負担
  • ・保育所等の優先利用
  • ・公営住宅利用時の優遇や優先入居等

◆男性の家事、育児参加への取り組みとしては、

  • ・長時間労働問題の是正
  • ・男性の育児休暇取得の促進
  • ・性別に関わらない人事評価の導入とそれに付随する意識改革
  • ・多様な働き方を促す取り組み

内閣HP http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/index.html

 

 

 

私たちにできることはないだろうか?

 

 

国も様々な対策を打ち出していますが、

私たち、一人一人が

 

もっとこの問題と真剣に向き合うべきではないかと思います。

 

 

・女性が結婚、出産しても社会に居場所がある環境つくり

・結婚したい男女が増えること

 

 

少子化対策よりも、結婚する人が増えるような対策を行うことのほうが9倍効果があると言っている方もいます。

 

 

私たちにできること、何かないでしょうか?

 

 

私たち、ひとりひとりが国や会社に頼ることなく

真の自立をすること。

 

 

真の自立とは何か?

 

私は、そこを伝え続けたい・・・・

 

 

 

日本一、自立した女性が集まるコミュニティ

↓ここをクリック↓
友だち追加

 

 

 

 

パソコンでご覧になっている方は
LINE
ID検索
 
@gpf0507z

 

女性が真の自立するために必要なこと

限定プレゼントの配布、イベントのお知らせなどを配信してます。

 

 

この記事を書いた人

相川 曜子


一般社団法人アジア女性自立支援協会 代表理事 女性も稼ぐべき、自立するべきと子供の頃から思い続け、20年前に起業。4人の子育てと仕事を両立しながら、全国各地に自立した女性の輪を創り、1万人の女性と繋がる活動をしています。 誰もが持っているキラリ輝く原石を引き出し輝かせることが得意。関わるすべての人を幸せに導くことが使命です☆