女性が輝く時代と言われていますが・・・どういうこと?  

一般社団法人アジア女性自立支援協会

代表理事の相川曜子です。

 

女性が輝く時代と言われていますが・・・抽象的な表現ですよね^^;;

輝いている女性の定義がない・・・

 

では、輝いている女性とはどんな女性?

月収100万くらいで、高級車に乗っていて、派手な服装をしていてキラキラしてる女性?

 

 

うーん、カッコイイけど・・・ちょっと違うかな。

 

 

 

私にとって、輝いている女性とは

「自分の軸をしっかりと持っている女性」自分の軸というのは、生き方です。

 

 

生き方というのは、最終的にどこにたどり着きたいか

つまり、人生の目的です。

 

人生の目的とは「使命」

この世に生まれてきた全員、「使命」を持って生まれてきています。

 

「使命」というと、ちょっと重いなーと感じる人もいるかもしれません・・・

でも、間違いなく全員「使命」

 

この世においてのミッションがあります。

 

 

そこに気づいた女性は、とっても輝いています。

 

放つオーラが違います。

 

私は、たくさんの女性と会いコンサルをしてきたので

Facebookのプロフィール写真を見るだけで

 

本当に輝いている人なのか

偽りのオーラで輝いている人なのか一瞬でわかります。

 

メールやLineのやりとりでもわかります。

文章にも現れますから・・・

 

「使命」とかミッションはどうやって気づくの?

 

私が、「使命」とかミッションに気づいたのは35歳くらい

それまで、なんとなく女性も稼ぐべき!とか

女性も自立するべき!と思っていたけれど言語化できずにいました。

 

 

では、なぜ気づき言語化できるようになったのかというと

生まれたときから子供の頃を思い出して、深掘りしたからなんです。

 

 

思い出したくない過去に目を背けることなく
これまでの人生を書き出しました。

 

 

私はこんな子供だったな。

こういうことが好きだったな。

 

 

あーこれは、嫌い。

これは得意だったけど、これは苦手だったな。

 

で、私が女性の自立にこだわる理由を見つけました。

 

 

多分、輝いている女性は

自分の過去と向き合ったからこそ「使命」とかミッションに気づき

そこに向かっているのだと思います。

 

 

向かう先が決まっています。

 

そこに向かって試行錯誤しながらも

たどり着く場所が決まっています。

 

 

目的と目標の違い、分かりますか?

 

富士山に例えるとしたら

目的=頂上

目標=5,6,7,8,9合目

 

 

まずは、人生で成し遂げたいことの「目的」を決めます。

 

「目的」を達成するためには

9合目の目標

8合目の目標

7合目、6合目、5合目・・・の目標が必要です。

 

 

目標とは、必ず数字にします。

例えば、○年○月 ○という目標を達成する

 

 

人生で成し遂げたいことの「目的」が見えない人生は

樹海をさまよっているのと同じです。

 

 

あー、また今年も終わっちゃったー

これの繰り返しで、歳を重ね

 

人生終わる時に

あー、こういうことをやっておけばよかった・・・と後悔・・・

 

「女性が輝く時代」とはどういうことか?

 

女性が、家事と育児をして

家庭を守るということがあたり前ではなくなってきている今

専業主婦の割合も年々、減ってきています。

 

 

インターネットの普及により

自宅にいながら収入を得ている女性もたくさんいます。

 

 

自宅の一室でおうちサロンをやっている女性もいます。

 

 

自由な発想ができる

アイディア次第でビジネスという形ができる

 

 

国を挙げて「女性が輝く時代」を応援してくれている今

 

 

自分軸を見つけることが、とても重要になってきます。

 

あなたの得意なことは何?

あなたの強みは何?と聞かれた時に

 

すぐに答えることができる。

 

自分をアピールできることができる。

 

私はこういうことがやりたいです!と語ることができる。

 

チャンスが来た時に、すぐ掴むことができる状態であること。

 

 

あなたの人生の目的

これを見つけたときから、あなたは輝き始めることでしょう。

 

 

輝く女性になりたい方は

日本一、自立した女性が集まるコミュニティへの参加したい方は

↓ここをクリック↓
友だち追加

 

 

パソコンでご覧になっている方は
LINE
ID検索
 
@gpf0507z

 

女性が自立するために必要なことや限定プレゼントの配布、イベントのお知らせなどを配信してます。

この記事を書いた人

icon

アジア女性自立支援協会


アジア女性自立支援協会