4人の子どものシングルマザー

 

女手ひとつで4人の子どもを育てながら、起業を決断

 

関東支部長の猪瀬友恵(いのせ ともえ)になぜ女性支援に携わろうと思ったのかを聞いてみました!

 

 

私は4人の子どもを持つシングルマザーなんですけれども、
自分がシングルマザーになったときに「この先どうやって生きて行こうかな・・・」って思いました。

 

その中で、たくさんの学びをしながら仕事をしてきました。

 

それだけでなく、子育てをする中でも、PTA活動だとか、地域のボランティア活動といったこともやってきて、

 

自分のプライベートな時間をすごくたくさん費やしてきました。

 

そうするとやっぱり子どもと接する時間だとか・・・

シングルマザーで働きながら家事もやって、子育てもやって、という中で

 

時間の制約時間が足りないな、ということをすごく感じるんです。

 

 

ですがそういった状況の中でもたくさん仕事をしてきたので

 

これだけできるんだったら自分が起業してもやっていけるだけの力がついているんじゃないかな、

 

もしかして起業ができるんじゃないかなという思いに繋がっていきました。

 

起業、というのは私にとっては

 

以前からやりたいと思っていたおぼろげなだったのですが、

 

 

その夢が、起業しよう、という強い意志に変わりまして、会社を立ち上げました。

 

 

そうすることによって

 

自分の好きな時間もできましたし、

 

仕事の調節

 

時間帯の調節

そういったことが自分自身で調節できるようになりました。

 

子どもとの時間もできましたね。

 

 

ですがこれまでそういう経験をしてきて、

 

子どもに対する教育に関してや、いろんな大変な思いもしました。

 

自分の力で、自立して生きていきたい、

 

でも大変な思いをしている女性は多いと思います。

 

 

自分が同じように大変な思いをして

 

それでも起業してきたのですが、

 

やはりこの、

 

「女性が自立することの大変さ」というのを痛感しましたね。

 

その中で、同じような思いをしている女性って、きっとたくさんいるんじゃないのかな?

 

ということも感じています。

 

 

女性の自立、女性が社会進出して社会に貢献していくことは

 

とても大事なことだと思っています。

 

私自身の経験も踏まえて

 

自立したい女性を支援していきたいと思っています。

 

……………

Let’s be Happy♬
Together with Happiness♡

……………

 

アジア女性自立支援協会
関東支部長 猪瀬智恵

 

 

この記事を書いた人

icon

アジア女性自立支援協会


アジア女性自立支援協会