「家庭のため仕事のチャンスを諦める?」女性の現実が浮き彫りになった調査結果

 

子どものためには、

女性は仕事をあきらめねばならない

 

この現実、あなたはどう思いますか?

 

「お母さんはね、あなたのために、仕事よりも子育てを

選んだのよ」

 

そんなことを知ったら・・・子どもは、どう思うでしょうか?

 

 

 

 

【ワークライフバランス】

 

この言葉をきっとあなたも聞いたことがあると思います。

仕事と、人生や家庭のことを、ちゃんとバランスをとっていきましょう!

ということですね ^^

 

 

とはいうものの・・・

 

 

 

特に「子どもがいる女性」は

育児のために仕事上のチャンスをあきらめている、

 

 

というのが現実のようです・・・

 

 

仕事で自己実現しようとすると、

家庭や育児とのバランスが取れなくなってしまう、

 

だからお母さんたちは、

仕事は生活に支障のないものを選ばざるを得ないんですね。

 

 

 

 

2016年に行われた調査によると

17歳以下の子どもがいる女性では 

 

「家庭生活のために仕事上のチャンスをあきらめるか」

という質問に対して

 

「あきらめたことがあるし、今後もあきらめることがあると思う」

 

 

 という人が

40%。

 

 

 

男性全体や、子どものいない女性

だと

10%~20%前半

 

であるのに比べて

 

子どものいる女性だけ、およそ倍!

になっているんです。 

 

 

 

 

子どもがいる女性で

 

「あきらめたことがないし、今後もあきらめることはないと思う」

と答えた人は、たったの13%です。

 

 

 

でもですね、子どもの立場になって考えると・・・

「自分のために仕事をあきらめた」

っていうのは、あまり嬉しくないと思うんですよね。 

 

 

子どもの立場だから、というだけでなく、

 

女性は子どもが生まれると、人生を犠牲にしなければいけないの?

と思うと悲しくなるし、

 

それはやっぱり違うって思います。 

 

 

 

だからこそ!

【ワークライフバランス】

仕事と、育児、両立できればいいんですよね。

ただ、その環境はどうも、整っていないんです・・・

 

 

 

これが日本の現実です。

 

国が変わることが必要?

行政が何かしてくれることが大切?

企業が動くことが重要?

それとも、女性自身の問題?

周りの理解があれば解決できる?

 

 

 

問題は山積みです。

 

ですが私たちアジア女性自立支援協会は、

その問題に立ち向かうことにしました。

 

 

今はインターネットが著しく普及し、

様々なデバイス・サービスが登場したことによって、

 

女性が自分の好きなことを仕事にして

自立することができる環境が整っています。

 

事実、その環境をうまく活用して、

これまでの時代なら考えられなかったような方法で自立し、

 

キラキラと輝きを放ちながら生きている女性もたくさんいるのです。

 

 

それぞれの女性が、

「自分らしさ」を持っています。

 

あなたらしく輝く方法は、きっとあります。

 

そのために、私たちアジア女性自立支援協会を最大限に活用してください。

 

 

参考
NHK文化放送研究所
~ISSP 国際比較調査「仕事と生活」日本の結果から~
https://www.nhk.or.jp/bunken/research/yoron/pdf/20160501_6.pdf

 

この記事を書いた人

icon

アジア女性自立支援協会


アジア女性自立支援協会